WordPress

ブログ( アフィリエイト)市場は儲かる

駆け出しアフィリエイターでもある研究員が、アフイリエイトが儲かる理由について説明します。

アフィリエイトは夢の多い市場ですが、闇も不快市場です。

参入はご計画的にお願いいたします。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトとは端的に説明すると、成果報酬型の広告業のことです。

アフィリエイト(affiliate)とは、ブログサイトなどのメディア内の記事で広告主の商品を宣伝し、そのページを見た人が実際に購入や契約に至った場合に、その成果に応じた報酬が支払われるインターネット広告の仕組みのひとつです。

商品を宣伝する者をアフィリエイターとし、「ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ:Affiliate Service Provider) 」と呼ばれる広告サービス事業者に登録し、紹介したい商品やサービスの宣伝用URLを自分のサイトに配置します。

そのURLをクリックしてリンク先の販売サイトから商品が購入されると、広告主からの報酬を「ASP」を経由して獲得できます。

また、アフィリエイトをする人のことをアフィリエイターと呼びます。

アフィリエイトを始めるために必要なのは自分のメディアくらいで、お金はほとんど必要ありません。

本格的に展開する場合は、サーバー代やドメイン料などがかかりますが、それでも月に数千円程度。初期投資が少額で済むため、金銭的なリスクなしで始められます。

アフィリエイトを始めるにあたって専門的な知識は必要ありません。ウェブエンジニアに依頼しなくても、最低限のネットの知識と、サイトを自分で立ち上げられる程度の技術があれば十分です。

PCを使い慣れている人なら、数時間もあればスタート出来るでしょう。

投資する時間の管理を主体的に管理しやすいのもアフィリエイトの利点です。

ウェブサイトの更新は好きなときに行えるので、空いた時間を使ってコツコツと進められます。

多忙な日常を送っている人でも、自分のペースに合わせて作業できるので、個人で始める副業にも最適です。

1ヶ月で数百万円の売り上げをあげているアフィリエイターも存在し、 インターネットが市民権を得たころから存在する定番のビジネスです。

主婦や会社員でも空き時間に手軽に副業として始められるアフィリエイトは、近年再び注目を浴びています。

「アフィリエイトで儲ける」の2つの意味

1つ目の意味はもちろん、「サービスや物品を紹介して報酬を得る」ことを指します。

そして、もう1つが 「アフィリエイトで必要なツールを紹介して報酬を得る」ことです。

ここからがこの記事の本題です。

「アフィリエイトで稼ぐためのツールを紹介して、手数料を稼ぐといビジネスモデル」は決して無視できないアフィリエイト市場の一角を形成しています。

その昔、北米でゴールドラッシュの時、金を掘り当てて一攫千金を狙おうと言うロマン溢れる開拓者入植者に対して金を掘るためのツール・食料・インフラなどを提供した業者が、実は最も稼げたという話があります。

つまり、お金を稼ぐためのツールや知見を提供すること自体が、人間の欲望を動かし、お金を集めるのです。

そのため、アフィリエイト市場ではこのお金を稼ぐ方法やツールを紹介してお金を稼いでいる人たちが少なくない数が存在します。

アフィリエイトサイトを運営するためのサーバーであるとか、ドメイン契約をするためのドメインプロバイダなどを紹介するわけです。

極端な話では「アフィリエイトを知らない人間を、アフィリエイト市場に参入させれば儲かる」との知見を高額な情報商材として販売する輩まで存在するようです。

情報商材は購入するまで内容が分からないため引き起こされる悲喜劇です。

アフィリエイト市場の罠

研究員もそうですが、 アフィリエイト市場に参入する目的は基本的に「金を設ける」ことにあります。

ただ、何事にもそうであるように、アフィリエイトで儲けるためにはそれなりに代償が必要であり、サラリーパーソンとして普段慣れ親しんでいるリターンが保証された請負仕事とは全く違います。

集客の工夫であったり、記事を書く労力であったり、紹介する商材の分生起する時間だったりと、少なくない代償を費やしても、大きな組織や実績がある個人でない限り、必ず成功する事業とは言えません。

簡単には儲けることができない事業であることから、単純に「いい記事を書くことを心掛ける」だけでは目に見えた成果を生むことはできず、何か「成功する秘訣」や「裏技」にすがりつきたくなるのも無理ないことです。

そんな、心弱い零細アフェリエイターを狙うのもまたアフェリエイターです。

稼ぐことを焦るあまり、正攻法を外れ安易な誘惑に負ければ、たちまち市場の養分になり果ててしまいます。

さらに、人間はこれまでの投資が大きければ大きいほど、その損失を取り返そうと躍起になり、さらに大きな投資を行ってしまうことがあります。

稼げない時ほど、投資とそこから得られるリターンを冷静に見極める平常心が必要です。

「儲けるために必要」と紹介されるツール(商材)

アフィリエイト界隈への参入を検討するとき、ブログをはじめとしたメディアを運営するにあたり、様々なツールを導入するべきとの意見が散見されます。

ここではどのような、多く紹介ツールを確認するとともに、なぜ多く紹介されているのかについて考察します。

サーバー

現在アフェリエイターの多くがWordPressによる独自メディアでの発信を選択しています。

サーバーはそのメディアを運営するための物理的な電子機材を指し、サーバーを貸し出す(レンタル)するサービスを「レンタルサーバー」と言います。

レンタルサーバーは有償で一定のストレージ容量・演算リソース・回線速度をユーザーに提供し、機材の物理的安定性などの管理を請け負ってくれるため、ユーザーは自身でサーバを設置したり、電源や回線の冗長性を確保する必要がありません。

ストレージ容量にもよりますが、月額数百円から数千円で契約可能で、よほどの大規模メディアサイトを運営しない限り、自宅にサーバーを設置するよりも現実的です。

月利用が数千円であることから、月数百万円を稼ぐメディアを運営するアフェリエイターからすれば、利潤に対する固定経費は相当に安いといえます。

アフェリエイト報酬としても、初回契約時に一定額が報酬として支払われるだけでなく、契約者が契約継続するすると月利用料の一部が報酬として支払われます。

継続して報酬が発生する案件として、安定的な売り上げにつながるため、レンタルサーバーの紹介は少なくありません。

ドメイン

ドメインとは、簡単に言えばインターネット上の住所のようなものです。

企業のホームページや個人のブログサイトへのアクセスのための識別に用いられます。

一般的にはブラウザ上部に表示される「URL」を指しているといった方が理解は早いかもしれません。

もともとはIPアドレスとして「150.95.237.28」といった「.(ドット)」で区切られた数値表現されますが、IPアドレスは数字の羅列のため、コンピュータは理解、識別がしやすいですが、人が覚えるのは困難なためドメイン名という、IPアドレスと紐づけることで、人にも理解しやすい表現に置き換える方法がとられています。

サーバーをレンタルすれば、サーバー管理会社が割り充てる文字列が割り当てられますが、ドメイン名はサーバー会社の一区画を表しているに過ぎないため、オリジナリティはありません。

独自ドメインの取得には一定の費用が掛かるため、独自ドメインの方が信頼感を与えやすくなる傾向にあります。

また、検索エンジンや他サイトからの優良被リンクに対する継続的な対策をすることができるのも、独自ドメインを使うメリットのひとつです。

利用するサーバー会社を変更した場合でも、独自ドメインを取得していると検索エンジンからの評価を落とさずに移転が可能です。

無料のドメインだと、サーバー移転するたびに新しいドメインの発行となるため、検索エンジンからの評価が下がり、被リンクも切れてしまいます。

継続して事業を行う場合は、独自ドメインは必須です。

独自ドメインは取得にも費用が掛かりますが、独自ドメインを継続して保持するのにも費用が掛かります。

そのため、レンタルサーバーと同じく継続契約が期待でき、継続契約の度に紹介報酬が支払われるため、アフェリエイターには人気の案件です。

また、ドメインは資産価値が認められているため、ドメインを売買する市場も存在します。

価値が高いドメインには数百万円単位の根が付くことも珍しくはありません。

運営を終了しようとしているメディアから、既に評価の高いドメインを有償で買い取ることで、検索エンジンに蓄積されてきたそれまでの評価も同時に獲得することも可能です。

WordPressテーマ

WordPressでホームページやブログ・メディアなどを運用する上で、デザインやレイアウトを決定するとても重要な要素が「テーマ」です。

標準のWordPressのデザインは非常にシンプルであるため、 よほどの文才と平面構成のセンスがある方でもないと心地いいメディアを構築することは困難です。

テーマをインストールし有効化することによって、誰でも簡単におしゃれでユーザビリティの高いサイトを作ることができます。

コンテンツがない段階でもしっかりとしたデザインとしておくことで、スカスカな中身を大いにごまかしてくれるので、気持ちの面で盛り上がります。

また、「テーマ」という枠が存在することで、そこに描くコンテンツも自ずと統一された方向に収斂していく傾向があるため、 自身のスタイルが確立していない方も将来的にコンテンツが充実した時の姿を想像しながら「テーマ」を選ぶと記事が執筆しやすくなるかもしれません。

安い「テーマ」であれば1000円程度から存在しますが、アフィリエイトに特化したデザインや機能を有する者になると数万円まで価格帯は広いですが、高ければそれだけ稼げるようになるわけでもありません。

自身の好みや今後広げていきたいコンテンツの雰囲気と合致し、扱いやすいテーマを選ぶことが肝心です。

WordPress テーマもデジタルコンテンツであり、販売経費が安く利益率が高い商材であるため、紹介料が高い商材としてアフェリエイトを喧伝しているアフェリエイターから根強い人気があります。

ライティング代行

表現者としてコンテンツを作成するのは、自己満足を得るためには欠かすことのできない行いの一つですが、一方で収益を得る目的でメディアを運営するうえで最も負担と感じられるのは、記事の作成。そうライティングです。

収益を得るためにはある程度の品質で、ある程度の量の記事が必要になりますが、怠惰でお金だけが欲しい人間にはとにかく時間的・精神的・労力的負担となることは間違いありません。本人が申しているので、絶対に間違いありません。

そこで考えられるのは、記事の作成自体を外注してしまうことです。

嫌なことはお金に飽かして他人に押し付けようという自分勝手極まりない考えですが、多分な負担からは逃避することができます。

ライティング代行サービスは、大きくは「クラウドソーシング」と「ライティング専門業者」の2つに分けられます。

予算と追求するクオリティーによって、どちらに依頼すれば良いのかは変わってきます。

クラウドソーシングは、Web上で不特定多数の人に仕事を委託するサービスで、低コストでスピーディに仕事を依頼できるケースが多いです。

担当する人によって文章のクオリティがバラバラのケースが多いです。

ライティング専門業者は、専属ライターが文章を作成してくれます。

条件を細かく設定することも可能なので、クラウドソーシング以上に高品質な仕上がりが多いです。

ただし、料金が比較的高いケースが多いです。

資本と編集能力・企画力がある人にはお勧めですが、まずは自分で執筆してみてその大変さを知ってから検討しても遅くはありません。

アフィリエイト成功者が監修した教本

アフィリエイトの「本質」を、「基礎」から、「体系的」に学ぼうとすれば、実績ある一流のアフィリエイターが監修した書籍を購入して熟読するのが最も安上がりと言えます。

アフェリエイターに必要な知識はそのほとんどがネットで得られるのですが、様々な情報がばらばらに散らばっているため、体系的に学ぶのが難しいです。

また、アフェリエイターによって組み合わせる知見やテクニック・心の持ちようが異なるため、ただ組み合わせるだけでは効果は期待できません。

その点、書籍なら表紙から順番にめくっていくだけで、体系的に学べます。

監修した著者によってスタイルがあるので、自分に合ったスタイルのアフェリエイターを探すことが最大のカギとなります。

一般の書店で販売している書籍なので一冊1500円程度の投資なので、確実な道しるべが得られると考えれば投資としては安いといえます。

中身の知れないネットの怪しい情報商材を購入する前に書店の棚で立ち読みしてみることをお勧めします。

ブログ運営コンサル・スクール・オンラインサロン・ライティング指南

お金と欲望が渦巻くところコンサルと教育産業は必ずついてくるものです。

アフェリエイト界隈も例に漏れず、このような様々な魑魅魍魎が跋扈する世界になってしまいました。

ただ、どのような学校もそうなのですが、通ってカリキュラムを消化しただけでは成功しないのは同じです。

調理師学校に通ったからと言って、調理師免許は取れても有名なカリスマ料理人に成るのは難しいです。

学んだことを応用するには、独自の努力と才能が必要になります。

特に定型的な形態を持たないアフェリエイターという存在にはオリジナリティが強く求められます。

凡庸を絵にかいたよう強め人には難しい注文であることは間違いありません。

そんな時に登場するのがコンサルというお金でアイディアを売ってくれる親切な人たちです。

問題はコンサルはは結果にコミットしてくれないので、効果が出なくても「努力と払いが不足」とさらなる見積書を出してくることです。

世の中の怪しい人の代表のような存在で、「別名:詐欺師」と書いても違和感はありません。

有能で自身に合うコンサルを見つけるのは、アフェリエイターとして成功するのよりも難しいかもしれません。

お金を巻き上げない憧れの先輩やカウンセラー・夢を語れる友人を探しましょう。

勤め人が本職の職場で「アフェリエイターとして稼ぎたい」と夢を語っても馬鹿にされるのが落ちですが、オンラインサロンでは同じアフェリエイターとして成功したいという熱意を持った同志が在籍しているので、孤独な作業の精神的支えになることは想像に難くありません。

たとえ稼げなくとも、友人が少ない人間には寂しさを埋めるための社会人サークルと考えれば慰めにもなると思います。

ネットで評判が悪くなく、追加料金を迫られない月額会員料金が安めのサロンを探してみましょう。

SNSフォロワー買収

SNSのフォロワー数は戦闘力を表す数値ではありませんが、アカウントの影響力を示す指標として、そのフォロワー数自体が価値を持つ時代になりました。

アフェリエイターの個別案件はSNSのフォロワー数によって単価も、支払われる総額も全く異なります。

ただ、フォロワー獲得には地道は交流や情報の発信が欠かせません。

ここまでのこのページの内容を見てきて気が付いていると思いますが、とにかくめんどくさいことこの上ない活動なわけです。

しかし、そこはさすがに資本主義社会。獲得のめんどくさいフォロワーもお金を払えば買えてしまいます。

問題は単純にフォロワー数しか増えない点で、社会的な影響力までは買えません。

もちろんそのような張りぼてに案件を依頼する依頼者もいないわけで、早晩案件も打ち切りとなることは想像に難くありません。

また、フォロワーを買収することを禁止しているSNSも少なくないため、出費してまでフォロワーを増やしたアカウントが運営から停止される可能性もあります。

稼げる商材情報・ノウハウ販売

「成功者は我々凡人には知られていないテクニックで稼いでいるに違いない」と感がるのも無理からぬこと。

「ない」ことを証明することほど難しいことはありません。

むしろ世の中には成功する秘訣に纏わる情報が溢れています。

曰く「必ず稼げる」、曰く「誰でも稼げる」、曰く「稼げないはずがない」といくらでもネット検索で見つけることができます。

値段も数千円から数十万円まで幅広い選択肢の中から選ぶことができます。

たいていのものには「※成功を保証するものではありません。」「個人差があります。」等の逃げ口上が付されることがほとんどであったり、卓上の仮定では成立する話だったりするわけですが。

ネタとしてこの手の情報商材を購入するのは悪くありませんが、なけなしの有り金を叩いて買えば高い確率で後悔するに違いありません。

よっぽど人生に飽きたら買ってみてください。

確認「アフィリエイトは儲かる」とされる理由

儲かる事業は以下の4つの特徴を有していると言われます。

・利益率の高い商売
・在庫を持たない商売
・定期的に一定額の収入が入ってくる商売
・資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

アフィリエイトはこれらの条件の多くを満たしたビジネスです。

しかし、「アフィリエイトは儲かる」とされている本当の理由は、アフェリエイト市場が儲かる市場とイメージさせておくことで、アフィリエイト市場への参入者を継続的に獲得することにあります。

新規参入者にあれこれとツールを提供することで、アフィリエイト関連の先行者や企業は継続して利益を挙げることができます。

結論としては「アフィリエイトは儲かる」はポジショントークなわけです。

それでも、これだけ小資本で参入できるビジネスも多くはないので、総合的に見て全く夢が見えないわけでも、決して悪いわけではありません。